使わなくなった家電品を少しでも高く売るコツとは?

専門の業者に依頼する

業者に依頼する場合の選択肢としては、リサイクルショップ、もしくは不用品回収・買取業者が挙げられるでしょう。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずはリサイクルショップです。
近年では大型店舗のリサイクルショップも増えており、家電品も含め、幅広く買取を行ってくれます。
ただし遠方の店舗まで持ち込みが必要な場合には、交通費がかさんでしまうこともあるので注意しましょう。
また、いわゆる街のリサイクルショップだと、製品によっては引き取り料金を請求されてしまうケースもあるというデメリットが考えられます。

では不用品回収・買取業者だとどうでしょうか。
まとめて回収してくれたり、業者によってはネット見積もりや自宅まで無料査定に来てくれたりといったメリットがあります。
また、まとまった量を買取依頼することで、少し金額をアップしてくれたりといったケースもあるようです。

自分で売る

最近では個人間での売買も簡単に行えるようになったので、家電品でも自身で売ろうと考える方が多いかもしれませんね。
その手段としてはオークションサイトが一般的でしたが、今はフリマアプリなども人気で、より気軽に誰でも売買が行えるようになっています。

メリットとしては、自分で売値を決定することができるという点です。
業者ではわずかな金額での買取価格だった場合にも、こういった方法であればそれなりの価格で売れることもよくあります。
デメリットとしては、出品、買取希望者とのやり取り、梱包から発送までを全部自分で行わなければならないという点でしょう。
特に家電品の場合には、出品前にしっかり動作確認をしたり、出品画面に製品の説明を十分に記載したりと、販売後のトラブルを予防しておく必要があるでしょう。